ニトリ、富士通の配送最適化技術を導入 ラストワンマイル配送をDX 

・ニトリと富士通、配送最適化技術を導入 ・全国80カ所の配送センターで運用開始 ・CO₂排出量削減と労働時間短縮を実現

テクノロジー その他
ニトリ、富士通の配送最適化技術を導入 ラストワンマイル配送をDX 

株式会社ニトリホールディングスと株式会社ホームロジスティクス、富士通株式会社は、ホームロジスティクスが運営している配送センターの配車システムに富士通の量子インスパイアード技術「デジタルアニーラ」を利用した配送最適化技術を導入し、全国80カ所の配送センターで運用を開始したことを発表しました。

物流業界では、労働力不足への対応や環境への負荷軽減が課題となっており、ニトリグループはラストワンマイルまでサービス向上と物流品質の向上に取り組んでいます。今回、配車システムに富士通の技術を導入し、トラックの積載量やドライバーの作業時間、走行距離を考慮した最適なルートを高速で導き出すことが可能となりました。商品配送におけるドライバーの労働時間短縮を実現し、CO₂排出量の削減によって環境負荷軽減に貢献することが期待されます。

ニトリグループは、今後もサステナビリティ経営を推進し、「製造物流IT小売業」として、サプライチェーン全体における社会課題の解決に取り組んでいくとしています。富士通は、ニトリグループのデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援し、デジタル技術による地球環境問題の解決やデジタル社会の発展に貢献していく方針です。

《Commerce Innovation編集部》