NTTドコモとRelic、ファッション相談アプリ「coordimate」の実証実験 試着対応をDX

・RelicとNTTドコモが共創 ・ファッション相談アプリ「coordimate」実証実験 ・新たなショッピング体験の提供

テクノロジー DX
NTTドコモとRelic、ファッション相談アプリ「coordimate」の実証実験 試着対応をDX
  • NTTドコモとRelic、ファッション相談アプリ「coordimate」の実証実験 試着対応をDX
  • NTTドコモとRelic、ファッション相談アプリ「coordimate」の実証実験 試着対応をDX
  • NTTドコモとRelic、ファッション相談アプリ「coordimate」の実証実験 試着対応をDX
  • NTTドコモとRelic、ファッション相談アプリ「coordimate」の実証実験 試着対応をDX
  • NTTドコモとRelic、ファッション相談アプリ「coordimate」の実証実験 試着対応をDX

株式会社NTTドコモと株式会社Relicは、新規事業創出プログラム「docomo STARTUP」との共創で展開するファッション相談アプリ「coordimate」の二回目となる実証実験を2024年1月22日から24日まで開催します。

本取り組みは、三井不動産株式会社と提携し、三井ショッピングパーク ららぽーと海老名のショールーミングストア「LaLaport CLOSET」および協力アパレル店舗6店舗を中心に実施。来場者は、購入前に試着室内でアプリを通じて気軽に第三者へファッション相談ができます。

相談者が、試着室内で自身のファッションを「coordimate」に投稿すると、数分で一般女性達(mate)から「アリナシ」のリアクションやアドバイスといったフィードバックが届きます。今回の実証実験では、mateのフィードバックをもとに、coordimateスタッフがテナントスタッフのアドバイスを参考にしたおすすめアイテムの写真を送付します。

従来の店頭での購買体験について、「試着をしても自分では似合っているのかわからず選べないが、店員さんに相談するのは気恥ずかしい」という声が挙がっていました。試着時に第三者からのアドバイスが欲しいというニーズを検証するとともに、購買体験のアップデートを図るため、実証実験を開始しました。

第一回の検証結果によると、相談満足度は73%と高く、相談した人のうち服の購入に至ったのは50%です。一方で、「具体的なアイテムの提示がないため文章だけでは課題解決に至らないケースがある」という課題が浮上しました。店舗側でも、試着室を利用した顧客の購買率が平均65%というデータはあるものの、持ち込んだ服がわからないなど、試着室内のデータが不明だという課題が明らかになりました。

そこで、今回は試着室で相談があった際、mateのコメントを見た各協力テナント店舗スタッフが、自店舗の商品でコメント内容に合致するアイテムを提示します。本取り組みを通じ、新たな店舗DXとして本格導入を目指します。

■協力テナント

《Commerce Innovation編集部》