名鉄、AIデジタルサイネージとカウントダウンQRコードによる商店街活性化を検証

・AIデジタルサイネージで広告効果検証 ・カウントダウンQRコードでクーポン管理 ・商店街の来訪者増加を目指す

テクノロジー その他
名鉄、AIデジタルサイネージとカウントダウンQRコードによる商店街活性化を検証

名古屋鉄道株式会社は、オプティメース株式会社が提供するAIによるデジタルサイネージ分析技術とC1X Inc.が提供する「カウントダウンQRコード」を活用した人流創出の実証実験をSAKUMACHI商店街にて行うことを発表しました。本実験は、グループにおけるオープンイノベーションを推進する名鉄オープンイノベーションLabの活動の一環となります。

新たなプロモーションの実証実験は、2024年1月16日から2月29日まで、名鉄プロパティマネジメント株式会社が運営する高架下商業施設SAKUMACHI商店街にて実施する予定です。駅に設置されたAIデジタルサイネージで「カウントダウンQRコード」を含む商店街のプロモーション動画を放映し、広告の効果やQRコードによるクーポンを取得した人が実際に商店街へ来訪するかを検証します。

デジタルサイネージの設置個所は瀬戸線栄町駅・大曽根駅の各1カ所です。サイネージには独自AIと連動したカメラが取り付けられ、広告を表示している間に通った人の数やサイネージを見た人の数、その通行人の性別・年代等の属性を推定して統計を取り、広告の効果を検証します。なお、統計化された情報のみを取り扱うため、録画や録音は一切行いません。

また、「カウントダウンQRコード」は、従来の静的なQRコード表示とは異なり、使用できる回数をリアルタイムに管理する「カウントダウン機能」を実装しています。クーポン発行者は上限を設定した回数限定クーポンを発行でき、最適な枚数となるよう管理することが可能です。

回数を制限することによって、利用者や通行人にとって希少性が生まれます。QRコードを探してクーポンを取得し、実際に使うインセンティブが高まり、来店に結び付く効果が期待できます。

■放映する広告のイメージ

《Commerce Innovation編集部》