SHIBUYA109がデジタルツイン広告に進出、「Fortnite」内とリアル施設でUber Eatsの広告を展開

・SHIBUYA109がメタバース広告に進出 ・Fortnite内でデジタルツイン広告を展開 ・現実世界とメタバースの広告が連動

テクノロジー メタバース
SHIBUYA109がデジタルツイン広告に進出、「Fortnite」内とリアル施設でUber Eatsの広告を展開
  • SHIBUYA109がデジタルツイン広告に進出、「Fortnite」内とリアル施設でUber Eatsの広告を展開
  • SHIBUYA109がデジタルツイン広告に進出、「Fortnite」内とリアル施設でUber Eatsの広告を展開
  • SHIBUYA109がデジタルツイン広告に進出、「Fortnite」内とリアル施設でUber Eatsの広告を展開

株式会社SHIBUYA109エンタテイメントは、2024年1月15日から28日にかけて、SHIBUYA109渋谷店のシリンダーに掲出されるUber Eatsの広告を、「Fortnite」のゲームマップ内のSHIBUYA109シリンダーにも掲出することを発表しました。現実世界の広告とメタバースの広告を連動させた、デジタルツイン広告の取り組みとなります。

「SHIBUYA109渋谷店」など3施設を展開するSHIBUYA109エンタテイメントは、新しい世代の“今”を輝かせ、夢や願いを叶えることを目的に、メタバース・ NFT 事業に参入しています。2023年12月には、Epic Gamesが運営するオンラインゲーム「Fortnite」にてオリジナルのゲームマップ「SHIBUYA109 SHOOT and RUN」をリリースし、ゲーム体験やゲームマップ内での広告枠の提供を開始しました。

ゲームマップ内に造られた建物の外壁など様々な場所へ広告の設置や、企業の商品等を立体的にモデリングした広告アセットを制作し、マップ内に登場させることも可能です。

同社は、「Fortnite」上のゲームマップのほか、Web3ゲーミングメタバース「The Sandbox」と提携し、メタバース上に渋谷の街を再現した「SHIBUYA109 LAND」を開設しています。今後も、アーティストやキャラクター等とのコラボレーションイベントやゲーム体験、メタバース上での大胆な広告展開など、メタバースだからこそできる新たな体験価値を提供するとしています。

《Commerce Innovation編集部》