楽天ラクマとKOMEHYO、「ラクマ鑑定サービス」開始

・「楽天ラクマ」とKOMEHYOが共同で鑑定サービス開始 ・偽造品撲滅とリユース市場活性化を目指す ・ユーザー評価が高く、取引活性化に寄与

企業 資金調達/M&A/提携
楽天ラクマとKOMEHYO、「ラクマ鑑定サービス」開始
  • 楽天ラクマとKOMEHYO、「ラクマ鑑定サービス」開始
  • 楽天ラクマとKOMEHYO、「ラクマ鑑定サービス」開始
  • 楽天ラクマとKOMEHYO、「ラクマ鑑定サービス」開始

楽天グループ株式会社と株式会社コメ兵は、二次流通市場における偽造品の撲滅とリユース市場の活性化を目的とした「ラクマ鑑定サービス」を2024年1月29日より正式に提供開始します。

本サービスは、「楽天ラクマ」で購入した商品の到着後に、ユーザーがKOMEHYOによる鑑定を依頼できるサービスです。2023年9月より試験的に運用しており、UI/UXの改善を経て、今回本格的に導入することになりました。

KOMEHYOが「ラクマ鑑定サービス」にて提供する「KOMEHYOカンテイ」では、鑑定士とAIによる精度の高い検品を実施します。鑑定結果が基準内であれば、購入者に商品が発送され、基準外の場合は取引がキャンセルとなり、購入者へは返金、出品者へは商品が返品されます。

「楽天ラクマ」はこれまでも24時間365日体制のパトロールや検知ロジックの強化を行い、安心して取引できる環境を提供してきました。しかし、顔の見えない取引に不安を感じるユーザーもいるため、さらなる安心感を提供するために本サービスを開始しました。

試験運用期間中、ユーザーからは不安の払拭や判定結果の速さなど、ポジティブな評価が寄せられました。鑑定対象商品の取引活性化にも繋がり、鑑定対象表示のある商品の顧客転換率や平均単価は向上することが明らかになっています。また、意識調査では、鑑定サービスの存在を知らなかった約9割のユーザーが、知っていればラクマでの購入意欲が高まると回答しており、潜在的な需要の高さが明らかになりました。

両社は今後も、安心してリユースを利用できる環境の提供と、持続可能な社会の実現に向けた「モノの循環」を生み出す取り組みを進めていくとしています。

《Commerce Innovation編集部》