三菱商事ロジ、2024年問題対策向けにフェリー輸送サービス提供 少量混載・チャーター2プラン

・三菱商事ロジスティクス、新サービス開始 ・フェリー活用でドライバー不足解消 ・物流2024年問題への対応策

企業 経営戦略
三菱商事ロジ、2024年問題対策向けにフェリー輸送サービス提供 少量混載・チャーター2プラン
  • 三菱商事ロジ、2024年問題対策向けにフェリー輸送サービス提供 少量混載・チャーター2プラン
  • 三菱商事ロジ、2024年問題対策向けにフェリー輸送サービス提供 少量混載・チャーター2プラン
  • 三菱商事ロジ、2024年問題対策向けにフェリー輸送サービス提供 少量混載・チャーター2プラン
  • 三菱商事ロジ、2024年問題対策向けにフェリー輸送サービス提供 少量混載・チャーター2プラン

三菱商事ロジスティクス株式会社は、「物流2024年問題」への対応策として、フェリー・RORO船を活用した輸送サービスの提供を開始しました。物流業界では、ドライバー不足に加えて「物流2024年問題」が差し迫っていることから、新サービス「TODOCARRY」を通じてトラックドライバーの拘束時間削減に貢献します。

「TODOCARRY」は、フェリー・RORO船を活用した輸送サービスで、トレーラーチャータープランと、少量貨物向け混載プランの2種類を提供します。これらの輸送方法は、すでに複数の事業者に利用され、品質・コストの面などにおいて評価されています。

トレーラーチャータープランは、集荷先から納品先までトレーラーを活用したサービスで、関東-九州航路、関西-九州航路をはじめ、全国で利用可能です。一方、少量貨物向け混載プランは関東-九州航路にて提供しており、港近辺に設けられたストックポイントで他の顧客の貨物と混載し、輸送を実施します。

関東のストックポイントとして活用するのは、三菱商事ロジスティクス京浜事業所です。

「TODOCARRY」の特徴は、省力化および環境負荷の軽減に資する点です。フェリー輸送に切り替えると、トラック輸送と比較しCO2排出量を約80%削減できます。また、最速のフェリー便を活用するため、現行の輸送リードタイムの維持が可能です。

三菱商事ロジスティクスは、1954年の創業以来、グローバルな視点で幅広い産業分野において物流サービスを提供してきました。新サービス「TODOCARRY」の提供開始により、物流の力で社会課題を解決し、豊かな社会と経済の発展への貢献を目指します。少量貨物プランの対応範囲など、順次サービスの拡充、利便性の向上に努めていく予定です。

《Commerce Innovation編集部》