エニキャリとWolt Japan、物流ソリューションで事業提携

・エニキャリとWolt Japanが提携 ・自社デリバリーサービスの全国展開 ・物流リソースの稼働率向上へ

企業 資金調達/M&A/提携
エニキャリとWolt Japan、物流ソリューションで事業提携
  • エニキャリとWolt Japan、物流ソリューションで事業提携
  • エニキャリとWolt Japan、物流ソリューションで事業提携

ラストマイルに特化した物流ソリューションを提供する株式会社エニキャリは、Wolt Japan株式会社との事業提携を発表しました。両社は、エニキャリが開発する配達管理システム「ADMS(アダムス)」と、Wolt Japanの法人向け即時配送プラットフォーム「Wolt Drive」とのシステム連携を12月13日に開始しています。

「Wolt Drive」は、“サービスとしてのデリバリー”です。商品の配送を希望する企業が、Woltのアプリやサイトに店舗ページを開設することなく、Woltのシステムによる顧客への即時配送を利用できます。配送エリアは全国24都道府県、通常30分程度で迅速に商品を届けられるのが特徴です。両社の連携により、エニキャリが構築する企業独自のデリバリーサービスが「Wolt Drive」に連携され、配送エリアが全国に拡大します。

エニキャリは、IT×自転車配送サービスで、ラストマイル物流を総合的に支援しています。持続可能な物流の実現に向けたフィジカルインターネットプラットフォームの構築に注力し、運輸業界や倉庫業界などとの提携や外部システムとの連携を進め、物流リソースの稼働率を向上させる取り組みを加速していく意向です。

《Commerce Innovation編集部》