「Temu」「SHEIN」の成長とFacebookの関係は?Sensor Towerが「2023年世界の新興ショッピングアプリインサイト」を公開

・『Temu』『SHEIN』が世界ダウンロード数でトップに ・『Temu』の広告投入費が5億ドルを突破 ・『Temu』『SHEIN』のユーザー、Facebook没入度が高い

市場 マーケット
「Temu」「SHEIN」の成長とFacebookの関係は?Sensor Towerが「2023年世界の新興ショッピングアプリインサイト」を公開
  • 「Temu」「SHEIN」の成長とFacebookの関係は?Sensor Towerが「2023年世界の新興ショッピングアプリインサイト」を公開
  • 「Temu」「SHEIN」の成長とFacebookの関係は?Sensor Towerが「2023年世界の新興ショッピングアプリインサイト」を公開
  • 「Temu」「SHEIN」の成長とFacebookの関係は?Sensor Towerが「2023年世界の新興ショッピングアプリインサイト」を公開
  • 「Temu」「SHEIN」の成長とFacebookの関係は?Sensor Towerが「2023年世界の新興ショッピングアプリインサイト」を公開
  • 「Temu」「SHEIN」の成長とFacebookの関係は?Sensor Towerが「2023年世界の新興ショッピングアプリインサイト」を公開
  • 「Temu」「SHEIN」の成長とFacebookの関係は?Sensor Towerが「2023年世界の新興ショッピングアプリインサイト」を公開
  • 「Temu」「SHEIN」の成長とFacebookの関係は?Sensor Towerが「2023年世界の新興ショッピングアプリインサイト」を公開

アメリカのデータ分析企業Sensor Towerが、「2023年世界の新興ショッピングアプリインサイト」を公開しました。本レポートでは、2023年の世界における新興ショッピングアプリの成長と新動向、リテールECブランドのアメリカにおける広告出稿のトレンドについて分析し、ケーススタディを通じてショッピングアプリ「Temu」と「SHEIN」のグローバル展開の成功事例を分析しています。

世界の新興ショッピングアプリインサイト(抜粋)

2023年には、中国発のショッピングアプリ「Temu」と「SHEIN」が世界市場で急成長を遂げ、ダウンロード数でトップに立つなど勢力を拡大しています。特に、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東などの地域で、それぞれ17%以上のダウンロード数増加を記録しました。「Amazon」や「Shopee」を抜き、世界で人気のショッピングアプリとなっています。

「Temu」は、低価格と積極的なマーケティング戦略により、2022年9月から2023年11月までの間に3億以上のダウンロード数を記録しました。一方、「SHEIN」は、多様な製品を低価格で提供することで女性ユーザーからの支持を集め、2014年5月から現在までに8.3億の累計ダウンロード数を達成しました。


また、「Temu」は、2023年1月から11月までにアメリカで5.1億ドルの広告費を投じ、前年同期と比べて17倍の増加を見せました。特に、スーパーボウルや新学期前、ブラックフライデーなどのマーケティングの重要な節目に広告費を増加させています。

広告出稿先としては、「Temu」と「SHEIN」は主にFacebook、Instagram、YouTubeを利用しています。「Temu」は、2023年1月から11月までにFacebookに対して総広告費の39%相当の2億ドルを超える広告費を投入し、「SHEIN」も同期間で広告費の42%をFacebookに投入しています。

さらに、「Temu」と「SHEIN」のユーザーは、Facebookの使用時間が全ユーザー平均より長く、Facebookへの没入度が高いことが分かりました。詳細な分析情報は、Sensor Towerが提供しており、レポート全文を無料でダウンロードできます。

《Commerce Innovation編集部》