ニトリ、MiraklのマーケットプレイスでEC成長戦略を加速

・ニトリ、MiraklのSaaSでEC拡大 ・マーケットプレイス活用で収益性向上 ・2032年3兆円目標に向けた戦略的提携

企業 経営戦略
ニトリ、MiraklのマーケットプレイスでEC成長戦略を加速

株式会社ニトリは、Eコマース市場での成長戦略を加速するため、Mirakl株式会社の提供するエンタープライズマーケットプレイス構築のためのSaaSプラットフォームを採用しました。本提携により、ニトリはマーケットプレイスを活用して、Eコマース市場で新たな価値を提供し、ビジネス機会を創出することを目指します。

ニトリグループは、「住まいの豊かさを世界の人々に提供する」というロマンを実現するため、「2032年、3,000店舗3兆円」の達成に向けた経営戦略を策定しています。その一環としてEコマース変革を検討し、国内外の市場伸び率を踏まえ、マーケットプレイスに着目。在庫と物流に掛かるコスト削減による収益性の向上を見込み、​​世界400社を超える導入実績を持つMiraklの採用を決定しました。

ニトリは、Eコマース市場での新たな価値提供とビジネス機会創出に向けて、Miraklのマーケットプレイスを本格導入する予定です。Miraklは、最先端の技術と業務構築ノウハウで、支援を続けていきます。ニトリホールディングス常務執行役員の武井直氏は、Eコマース市場での事業領域拡大と顧客支持獲得を加速する意向を示しています。一方、Miraklの代表取締役社長佐藤恭平氏は、ニトリの「豊かさ」を世界に提供するという目標に対し、戦略的パートナーとして貢献していくことを表明しました。

両社の提携は、ニトリの中長期ビジョンの実現に向けた重要なステップであり、Eコマース市場での競争力強化に寄与すると想定されます。

《Commerce Innovation編集部》