オイシックス、キッチンレス社食ノンピを子会社化 給食事業とのシナジー狙う

・オイシックスがノンピ株式51%取得し子会社化 ・キッチンレス社食事業で事業成長の加速を図る ・シダックスとのシナジーでグループ全体の強化を目指す

企業 資金調達/M&A/提携
オイシックス、キッチンレス社食ノンピを子会社化 給食事業とのシナジー狙う
  • オイシックス、キッチンレス社食ノンピを子会社化 給食事業とのシナジー狙う
  • オイシックス、キッチンレス社食ノンピを子会社化 給食事業とのシナジー狙う
  • オイシックス、キッチンレス社食ノンピを子会社化 給食事業とのシナジー狙う
  • オイシックス、キッチンレス社食ノンピを子会社化 給食事業とのシナジー狙う

オイシックス・ラ・大地株式会社は、2024年1月31日に株式会社ノンピの株式約51%を取得し、連携子会社化したことを発表しました。子会社化は、BtoBサブスクリプション事業の拡大と事業成長の加速を目指すための判断となります。

オイシックスは、食品のサブスクリプションサービスを提供する企業です。同社は、ノンピの株式取得によりキッチンレス社食事業を戦略に組み込むみ、事業の多角化と成長を目指すことを決定。また、2024年1月に子会社化したシダックスの給食事業とのシナジー効果も見込んでいます。

ノンピは、キッチンレスの社員食堂事業および法人向けフードデリバリー・ケータリングサービス事業を展開し、現在の社食市場において新たな選択肢を提供してきました。「共食」の機会と可能性を広げることを目指し、オフィス向けサービスのほか、オンライン懇親会向けに料理と飲み物を全国配送し、コミュニケーションを促進するフードデリバリー事業など、食に関する様々な事業を手掛けています。

アフターコロナにおける社食の見直しやオフィス移転時の社食導入検討など、市場のニーズは高まっており、ノンピの事業モデルは注目を集めています。オイシックスは、ノンピとシダックスとの連携を通じて、食材調達や配送の効率化、ミールキットメニューの社食提供など、各社の強みを活かした事業展開を計画中です。

ノンピがオイシックスのグループ企業となったことで、BtoBサブスクリプション事業の新たな展開が期待されます。シダックスの給食事業も含め、各社の強みを活かした事業連携が市場に新しい価値を提供し、さらなる成長を促進することになりそうです。

《Commerce Innovation編集部》