イオン、ツルハHD株式取得へ独占交渉開始

・イオンがツルハ株取得へ ・独占交渉の開始を発表 ・資本業務提携の強化狙う

企業 資金調達/M&A/提携
イオン、ツルハHD株式取得へ独占交渉開始

イオン株式会社は、2024年1月29日、株式会社ツルハホールディングスの株式を取得するため、オアシス・マネジメント・カンパニー・リミテッドが運用するファンドとの交渉を独占的に開始すると発表しました。

イオンは13.6%のツルハ株を保有しており、今回の交渉は資本業務提携関係の維持・強化を目的とするものです。オアシス・ファンドが保有するツルハ株の取得を通じて、双方の関係をより一層強固なものにすることに期待を示しています。オアシス・ファンドはツルハ株の約13%を保有していますが、具体的な株式の数、価額、方法、時期などの詳細については協議中であり、決定次第、公表するとのことです。

イオンの動きは、ドラッグストア業界における競争の激化と市場の変化に対応し、成長を目指す戦略の一環と見られています。ツルハは業界2位の企業であり、複数のドラッグストア株を保有するイオンが追加で株式を取得することにより、業界再編へと進む可能性があると注目されています。

《Commerce Innovation編集部》