AOKI、「ORIHICA」全店舗でRFIDシステムを導入 サービス向上と業務効率化へ

・ORIHICAがRFIDシステムを全店導入 ・レジ待ち時間短縮と業務効率化を実現 ・AOKIが顧客満足向上に注力

テクノロジー DX
AOKI、「ORIHICA」全店舗でRFIDシステムを導入 サービス向上と業務効率化へ

株式会社AOKIは、顧客満足度の向上と接客サービスの質の向上を目指し、メンズファッションブランド「ORIHICA」の全店舗にRFIDシステムを導入しました。

RFIDシステムは、ICチップが内蔵されたタグを通じて商品情報の記録・読み取りを行う、電波を用いた自動認識技術です。本システムにより、レジでの一括読み取りが可能となり、顧客の待ち時間を短縮することができます。

「ORIHICA」では、高千穂交易株式会社が提供するJohnson Controls社製のシステムを採用。導入により、レジでの顧客の待ち時間を短縮するだけでなく、従業員の検品作業や棚卸などの業務効率化が見込まれます。従業員は接客により多くの時間を割くことが可能となり、顧客体験の向上に貢献します。

人手不足が深刻化している小売・物流業界において、IoT技術やデータ活用による業務の効率化は、重要な課題です。RFIDシステム導入は、こうした業界が抱える課題に対する解決策の一つとして注目されています。AOKIは本システムにより接客時間を創出し、今後も顧客満足度の向上に努めていく方針です。

《Commerce Innovation編集部》