元ラオックス社長設立のリテールDXスタートアップNuRetail、AI・ブロックチェーン開発Sharvilと提携

・NuRetailとSharvilが業務提携 ・リテール企業のDX支援に注力 ・EBITDA向上と企業価値向上を目指す

企業 資金調達/M&A/提携
元ラオックス社長設立のリテールDXスタートアップNuRetail、AI・ブロックチェーン開発Sharvilと提携
  • 元ラオックス社長設立のリテールDXスタートアップNuRetail、AI・ブロックチェーン開発Sharvilと提携
  • 元ラオックス社長設立のリテールDXスタートアップNuRetail、AI・ブロックチェーン開発Sharvilと提携
  • 元ラオックス社長設立のリテールDXスタートアップNuRetail、AI・ブロックチェーン開発Sharvilと提携
  • 元ラオックス社長設立のリテールDXスタートアップNuRetail、AI・ブロックチェーン開発Sharvilと提携

リテールテックスタートアップのNuRetail株式会社は、Web3.0、AIアルゴリズム、ブロックチェーン開発を手掛ける株式会社Sharvilとの業務提携を締結したことを発表しました。

本提携により、両社はリテール企業(小売、飲食店)の企業価値およびEBITDAの向上にフォーカスしたプロフェッショナル・サービスの提供を開始します。具体的には、NuRetailの豊富なコンサルティング経験とリテール実務経験を活かした経営課題の抽出、Sharvilの技術力を用いたDX支援、そして施策実行後の保守・運用支援、アウトソーシングが含まれます。

NuRetailは、飯田健作氏の「実店舗のDXがオムニチャネル推進に不可欠」という考えのもと、設立されました。在米国日本国大使館勤務からキャリアをスタートさせた飯田氏は、アクセンチュアやウォルマートジャパンほか多数の企業で戦略策定に関わった後、ラオックス代表取締役社長に就任、その後2023年4月にNuRetailを創業しており、業界の事情に精通しています。

今回の業務提携は、リテール企業から寄せられた企業価値向上に資する幅広い支援を求める意見に応える形で実現。SharvilのWeb3.0、AIアルゴリズム、ブロックチェーン開発の経験とインドにおける開発体制を活用し、リテール企業のDXを支援します。両社の協業により、リテール業界のクライアント企業に対して、戦略策定からオペレーション支援まで、ワンストップでサービス提供が可能となりました。

また、NuRetailは、国内外のスタートアップや事業会社との協業を進めています。AI、IoT、ブロックチェーン、メタバースなど多岐にわたる領域で、パートナーシップについて協議中です。様々なテクノロジー企業の強みを合わせることによって、リテール各社の課題に合わせたDXの提案が実現し、業界全体の変革が加速していくことが期待されます。

《Commerce Innovation編集部》