記事カテゴリ

決済

2022/08/30

Recustomer、複数決済サービスへの対応で注文キャンセルの“全”自動化へ

Recustomer、複数決済サービスへの対応で注文キャンセルの“全”自動化へ

 購入体験プラットフォーム「Recustomer(リカスタマー)」を運営するRecustomer株式会社は、「Recustomer Return&Cancel」の返金手続きで使用できる決済サービスを拡大。これまでのクレジットカード決済に加え、Paidy・Amazon Pay・PayPal・GMOイプシロンに対応した。これにより、どの決済サービスを使用しても注文キャンセル業務を全自動化できるようになった。

 これまでの事業者は、買い物客から注文キャンセルについての問い合わせを受け次第、受注管理ツールのOMS(Oder Management System)で配送状況を確認し、配送前であれば出荷停止の手続きを行い、カートシステム上で注文キャンセル及び返金作業を行っていた。Recustomerの注文キャンセル自動化機能は、買い物客からのキャンセルリクエストを受けると、自動で配送状況を確認し、出荷前であれば自動で出荷停止・キャンセル手続き・返金作業を行える機能だ。これにより、祝日を挟む営業日を関係なく手続きを進められ、スムーズな体験を作り出すことができる。

 これまでクレジットカード決済以外の決済サービスを使用していた事業者は、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ