記事カテゴリ

越境EC

2022/06/30

「MakeShop byGMO」、越境EC対応ショップが急増し400店舗に

「MakeShop byGMO」、越境EC対応ショップが急増し400店舗に

 GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社は、ECサイト構築SaaS「MakeShop byGMO」において、越境ECの対応ショップが急増し、6月27日(月)時点で400店舗に到達したことを発表。

円安も追い風に。『海外販売機能』利用者が急増

 2020年以降、新型コロナウイルス感染拡大防止のための入国制限の影響によりインバウント消費が減少する中で、越境EC化によるウェブインバウンドへの関心が高まってきた。「MakeShop byGMO」でも越境ECの相談をされる機会が増えてきたことから、2022年3月、越境EC支援をおこなう株式会社ジグザグと資本業務提携を行い、4月5日より『海外販売機能』の提供を開始した。

 購入代行の仕組みを利用した『海外販売機能』では、EC事業者が直接海外対応する必要はなく、手軽に越境ECを始めることができる。販売手数料は無料、海外送料は購入した海外ユーザーの負担となるため、「MakeShop byGMO」の利用事業者は追加費用負担の必要がない。そのため、提供開始直後から多くのユーザーが導入した。昨今では円安傾向による海外市場への期待も追い風となったことから、これまで100店舗ほどだった越境EC対応ショップの数は急増し、『海外販売機能』の提供開始からおよそ3か月で400店舗(6月27日時点)に到達した。

越境ECの実績について

 2か月で47か国・地域へ販売、上位国はアメリカ・香港・台湾。『海外販売機能』を導入することで、228の国と地域へ販売が可能となるが、2022年4月~5月の越境EC対応ショップのデータによると、2か月ですでに47か国・地域への販売実績が確認できた。注文件数別で比較すると、1位アメリカ(28.9%)、2位香港(17.6%)、3位台湾(12.6%)、注文金額別では、1位香港(22.8%)、2位アメリカ(22.1%)、3位台湾(16.6%)。注文件数別・注文金額別共に4位には韓国、5位には中国がランクインし、上位5か国で約7割を占める結果となった。

幅広い商品が売れ、円安傾向により高額商品の販売実績も

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ