記事カテゴリ

物流・在庫管理

2022/04/29

「楽天市場 RMS」利用のEC事業者向けに、「メール送信/在庫状況の取得」を自動化する新たな機能をリリース

「楽天市場 RMS」利用のEC事業者向けに、「メール送信/在庫状況の取得」を自動化する新たな機能をリリース

 テープス株式会社は、EC に特化したノーコードツール「TēPs(テープス)」において、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」出店店舗向け店舗運営システム「RMS」に関連する、新たな機能をリリースした。

 TēPs 新機能、注文者情報の自動取得。楽天市場 RMS の受注情報から注文者の情報を自動で取得することができる。これにより、受注ステータスに応じてサンクスメールや発送完了報告メールを自動で送信することが可能だ。また送信するメールの文面は、購入商品や小計などを記載して独自に作成することができ、他店舗と差別化することができるという。

 そして、もうひとつの機能、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ