記事カテゴリ

物流・在庫管理

2021/06/30

アスクル、配送パートナーに配送管理システムをオープン化

アスクル、配送パートナーに配送管理システムをオープン化

 アスクル株式会社は、独自に開発した配送管理システム「とらっくる(仮称)」の提供を本格的に開始する。
 同システムは自社物流によって蓄積されたビッグデータ等を活用して開発し、アスクルも活用しているもので、2020年9月より段階的にアスクル物流のラストワンマイルを担う配送パートナーに開放してきたが、コロナ禍で急拡大を続けるEC市場を支える配送パートナーの業務負荷軽減や複雑化する配送サービスの品質維持向上を目指し、本格的にオープン化することとなった。

配送管理システム「とらっくる」の内容、およびシステムオープン化の背景

 新型コロナウイルス感染症の影響で日用品 EC の利用者が増加傾向にあるなか、時間帯指定配送や置き場所指定配送などハイタッチな配送サービスのニーズは高まっている。今後もEC市場は拡大することが見込まれ、より複雑化した配送サービスが求められることが予測される。時間帯指定配送など従来サービスに加え、新型コロナウイルス感染症拡大による影響で拡大した置き場所指定配送サービスなど、きめ細やかな配送サービスを行うには、配送状況の可視化や柔軟な対応を行うための配送管理システムの活用が不可欠だ。その一方で、大手キャリア以外では配送管理システムを保持していない配送パートナーも多く見られるという。

 アスクルは顧客のニーズに応じた配送サービスを行うと同時に、配送パートナーの業務負荷軽減とサービスの平準化を目指す必要があると考え、今回自社が活用している配送管理システムを配送パートナーにオープン化することに至った。これにより、配送パートナーに委託する際にも自社物流によって蓄積されたビッグデータを活用したシステム搭載のスマートフォン端末を用いれば、ナレッジ(配送先の駐車スペースなどの情報)や道路の混雑状況なども加味した配送ルート計画自動生成、配達日時変更や不在再配達依頼などの機能活用により、スムーズに従事できる。またアスクルはシステムと端末が一体化された「とらっくる」活用により、顧客対応のサービス品質の平準化が実現できるという。

 「とらっくる」を活用する配送パートナーには、同システム搭載のスマートフォン端末を貸与。ドライバーは端末を用いて、配送ルート計画作成のほか、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ