記事カテゴリ

越境EC

2021/06/26

越境ECサイト運営のビィ・フォアードがNGP協組と業務連携

越境ECサイト運営のビィ・フォアードがNGP協組と業務連携

 株式会社ビィ・フォアードは、NGP日本自動車リサイクル事業協同組合と、リユース部品の海外販路拡大を目的とした業務提携を行った。

 ビィ・フォアードの輸出する中古車は、2019年度実績で「133,125台」に及び、205の国と地域と取引実績がある。中古車輸出の市場規模は2020年度実績で約100万台を超えており、コロナ禍で流通が停滞しているものの、新興国を始めとする海外では、高品質な日本の中古車のニーズは依然として高い状態を保っている。そういった市場背景や、ビィ・フォアードの販売から輸送まで一気通貫で展開していることへの顧客評価の高まりもあり、順調に車両販売の事業拡大を続けていく中で、修理に必要な自動車部品に対するニーズも高まってきた。一方、NGP協組は設立以来、厳しい品質基準で信頼性の高いリユース部品を日本国内に供給している。NGP協組は、2019年にSDGs宣言を行い、リユース部品の活用によるCO2削減を目標に掲げた。国内のみならず、海外に向けてもリユース部品の流通拡大を行うことで、さらなるSDGsの達成に寄与できると考え、海外への販路を模索していた。そのような両者の思惑が一致したことにより、今回の業務連携に至ったという。

 リユース部品の供給は、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ