記事カテゴリ

マーケティング

2021/05/25

JALのオンライントリップライブ映像を触れる動画として再配信、EC・HPなどへの導線を強化することで、コンテンツの二次利用をより魅力的に

JALのオンライントリップライブ映像を触れる動画として再配信、EC・HPなどへの導線を強化することで、コンテンツの二次利用をより魅力的に

 触れる動画テクノロジー「TIG」(ティグ)を企画・開発するパロニム株式会社は、日本航空株式会社が提供する「JALオンライントリップ」にてTIGが採用され、同サービス専用サイトにて公開された。ライブ配信したオンライントリップ映像を二次利用し、動画に導線設計することで、気になった商品や観光地を検索することなく“タップ”のみで情報をシームレスにストック(取得)できるため、強い顧客接点を生み出すことが可能となる。【専用サイト → https://www.shop.jal.co.jp/s/onlinetrip/(スマホ → https://tigmedia.jp/watch?id=438f6283df0db52e2c32&muted=true&help=true&controls=footer)】

“完全ライブ型”のオンライントリップ映像を二次活用+導線設計でオンライントリップ体験の効果を最大化

 昨年より始まったJALオンライントリップでは「Try on trips(旅を試着する)」をコンセプトに、顧客が自宅から全国各地の魅力を気軽に試すことができる、様々な企画をオンライン上にて展開している。

 今回、初の試みとして奄美群島をテーマに実施したオンラインツアー「JALオンライントリップ奄美群島編」のライブ映像を二次活用し、当日参加していない顧客もツアーの様子を楽しんでもらえるようアーカイブ映像を、映像に導線設計できるTIGを導入して制作した。アーカイブ動画内では、地域名産品が購入できるECサイトや観光名所の紹介ページ、フライト予約ページ等への導線を新たに設計することで、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ