楽天市場

2020/09/30

AIで楽天市場のスマホ商品ページに類似商品を自動掲載&自動更新、裏技タグが禁止となった「スマートフォン用商品説明文」にて、類似商品を自動表示するサービス「EC-UP」クローズドβ版の提供を開始

AIで楽天市場のスマホ商品ページに類似商品を自動掲載&自動更新、裏技タグが禁止となった「スマートフォン用商品説明文」にて、類似商品を自動表示するサービス「EC-UP」クローズドβ版の提供を開始

 ネットショップの効率化・自動化サービスを提供するECデータバンク株式会社は、楽天市場の「スマートフォン用商品説明文」に、AI機能により自動抽出された類似商品を自動掲載&自動更新するサービス「EC-UP(イーシーアップ)」を、クローズドβ版としてリリースした。

 9月29日楽天市場の仕様変更により、これまで利用できていたiframe・style・jsといったタグの利用ができなくなった。特に、iframeタグが禁止される事で、「同シリーズ商品の紹介」「類似商品の紹介」といった「買い回り」と呼ばれる回遊性アップの施策が困難となった。

 ショップの類似商品を掲載するには、商品毎に利用可能なHTMLタグだけで掲載する必要があり、商品毎に最適化するには1商品1商品作り込む必要がある。これは、今回行われた仕様変更時の対応だけでなく、今後商品を追加する場合やリニューアルする場合にも大変時間がかかる作業だ。しかしながら、この作業を行わないと、商品ページ最下部にある「楽天市場のおすすめ商品」より、他ショップの商品へ離脱してしまったり、検索結果に戻ってしまい、回遊率の低下が予想され、結果的に、売上も下がるだろう。

 今回リリースしたクローズドβ版「EC-UP」では、裏技タグが禁止された「スマートフォン用商品説明文」にて、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ