決済

2020/02/22

LINE広告、新たにウォレットタブでの広告配信を開始ー月間5,400万人超のユーザーへリーチ可能に

LINE広告、新たにウォレットタブでの広告配信を開始ー月間5,400万人超のユーザーへリーチ可能に

 LINE株式会社は17日、コミュニケーションアプリ「LINE」および「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE広告(旧LINE Ads Platform)」において、新たに「ウォレット」タブ上での広告配信を開始したと発表した。
 “LINEのお財布”とされる「ウォレット」タブは、「LINE」内であらゆるお金のやり取りや管理を一元化できる場所を目指して、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を中心に、LINEのポイントサービスである「LINEポイント」、様々なブランドやサービスのポイントカードや会員証を一括管理する「マイカード」、国内飲食メジャーブランドのクーポンをまとめて閲覧できる「LINEクーポン」などへのアクセスが可能となっており、さらに保険サービス「LINEほけん」、家計簿・資産管理サービス「LINE家計簿」、スマホ投資サービス「LINE証券」、仮想通貨取引サービス「BITMAX」などLINEが提供する様々な金融サービスのゲートウェイとしての機能も果たしている。
 このような「ウォレット」タブ上に広告配信が可能になることで、これまで「LINE広告」が提供してきたLINE上の「タイムライン」や「LINE NEWS」、「LINE BLOG」、「LINE マンガ」などの各種サービス上の広告、トークリスト最上部の「スマートチャンネル」上での広告以外にも、新たに金融サービスとより親和性の高いサービス・ブランドも効率的な広告出稿が行えるようになると期待できそうだ。

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ