その他

2020/02/17

ファシリティジャポン、Wovn Technologiesおよび電通デジタルと自社サイト/自社ECサイトのバリアフリー化支援で業務提携

ファシリティジャポン、Wovn Technologiesおよび電通デジタルと自社サイト/自社ECサイトのバリアフリー化支援で業務提携

 ファシリティジャポン株式会社は、Wovn Technologies 株式会社および株式会社電通デジタルとの三社間で、業務提携契約を締結した。

提携に至った背景と目的

 高齢化が進む日本国内において、シニア層のインターネットの利用率は年々上がっている。2018年には、60代で75%以上、70代で50%以上という結果が公表されており、非常に大きな市場へ成長している。また、高齢化に伴う人手不足によって、在留外国人の急増や、インバウンドによる訪日外国人の増加が続いている。そのため、企業が今後の事業成長を描くにあたっては、「シニア対応」「多文化・多国籍化」を念頭においたあらゆる方への対応が求められる。これはデジタルテクノロジーを活用したサービスにおいても例外ではなく、持続可能な開発目標(SDGs)の観点においても、優先的に取り組むべき重要な課題だ。同業務提携により、SDGs時代に向けて、企業の自社サイト/自社ECサイトのバリアフリー化を高精度、高スピードで支援が実現できると考え、今回の三社業務提携に至ったという。

提携の概要

 ファシリティジャポンの「アクセシビリティ・ユーザビリティ対応」、Wovn Technologiesの「多言語・多文化対応」という技術的な優位性を有する2つのサービスに加え、電通デジタルの「IA設計、UI設計、UX設計」を組み合わせて全体最適の設計を行うことで、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ