最新EC・ネットショップ情報

2019/08/25

家電レンタルサービス「Rentio」、9月1日から国内初となる「レンタル後購入」サービスの提供開始

家電レンタルサービス「Rentio」、9月1日から国内初となる「レンタル後購入」サービスの提供開始

 家電のレンタルサービス「Rentio」を手がけるレンティオ株式会社は14日、2019年9月1日より購入後のミスマッチを軽減するため、家電では国内初の取り組みとなる「レンタル後購入」という買い方をRentio取り扱いの1,000種類以上の商品を対象に開始すると発表した。
 これは、「賈う・買わない」の選択肢だけにとどまらず、「購入前のお試しレンタル」という第三の選択肢を作ることで、本当に必要なものだけが手元に残るという新しいモノの買い方を提案する取り組み。レンタル品は基本的に新品ではなく中古品であるものの、出荷前に十分な点検とクリーニングを行っており、レンタル中に良いなと思った商品はそのまま追加料金を支払うことで購入が可能となる。

きっかけは「レンタルした商品を購入したい」の声

 「Rentio」は2015年の設立以降、カメラや家電、ベビー用品などを買わずに使うことのできるレンタルサービスとしてスタート。一度は使ってみたいと思うような一眼レフやキッチン家電、掃除家電など1,000種類以上の商品を取り扱う。「Rentio」を利用するユーザーには「購入前のお試し」としてレンタルを利用する人も多く、商品レビューを書いたユーザーの5人に1人は「レンタルした商品を購入したい」と答えているという。こうした声を背景に、既に一部の家電では個別にレンタル後の販売を実施、好評を得ていたこともあり、2019年9月1日からRentio取り扱いの1,000種類以上の商品を対象にサービス開始に至ったという。

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ