物流・在庫管理

2019/07/18

日本最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」が台湾に拠点をおくECプラットフォーム「citiesocial」と業務提携

日本最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」が台湾に拠点をおくECプラットフォーム「citiesocial」と業務提携

 日本最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」を運営する株式会社マクアケは、台湾に拠点を置くcitiesocialが運営するECプラットフォーム「citiesocial」と業務提携し、「Makuake」でプロジェクトを実施した実行者が、「citiesocial」を通じてアジア4ヶ所(台湾、シンガポール、香港、マレーシア)で販売するためのサポートを開始する。
 
 「citiesocial」は、デザイン性の高いユニークなライフスタイル製品を世界中から集めたECプラットフォームだ。2011年の創業来、アリババ台湾エンタープレナーズ・ファンド、チェルービック・ベンチャーズ、CDIBキャピタルの支援のもと、これまでに2,000以上のブランドと提携、60,000点以上の製品を扱い、台湾を拠点として、香港、マレーシア、シンガポールでも事業を運営している。

 同取り組みは、「Makuake」でクラウドファンディングを実施して目標支援金額を達成した日本の事業者の製品を、マクアケが「citiesocial」へ紹介することにより、「citiesocial」がサービスを展開する台湾、香港、マレーシア、シンガポールの最大4ヶ所で製品販売ができるという。定期的に「Makuake」発の製品を販売するキャンペーンを「citiesocial」上で実施し、 期間内に購入された製品を「citiesocial」が日本の事業者から仕入れ、各国の購入者へ配送する仕組みとなっており、日本の事業者は在庫リスクや物流のコストを抑えて、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ