その他集客ツール

2019/04/19

アプリ開発クラウド「Yappli」の新機能、「AR機能」をニューバランス公式アプリにて実装

アプリ開発クラウド「Yappli」の新機能、「AR機能」をニューバランス公式アプリにて実装

 アプリ開発クラウド「Yappli」を提供する株式会社ヤプリは18日、新機能として「AR機能」をリリースし、第一弾としてニューバランス公式アプリ「new balance 公式ストアアプリ-NB Shop」にて実装したと発表した。
 「Yappli」とはスマホアプリの開発、運用ができるサービスで、高品質なアプリをiPhoneとAndroidを同時に作成できることがウリ。300社以上の導入実績があり、ECや店舗販促用のアプリはもちろん、オウンドメディアやBtoB、新卒採用まで幅広く活用されている。

 今回ニューバランスが導入を決めた背景には、リアルイベントで特別な体験を提供したいという思いがある。株式会社ニューバランスジャパンは2018年から「名古屋ウィメンズマラソン2019」のシルバースポンサーとして協賛しており、その展示ブースには毎年多くの人が集まる。スポーツシューズを主力商品とするニューバランスにとっては、まさに商品を実際に見て、知ってもらう絶好の機会となっており、そこでより高い成果をあげるには、他のブースでは味わえないような特別な体験を提供する必要がある。
 そこで着目したのが「AR」だ。「AR機能」はアプリ内でカメラを起動し、あらかじめ指定した画像や商品などを読み込むことで、商品に関するよりリアルで正確な情報を得ることができたり、購買につながる体験をすることができる機能だ。ニューバランスはこの機能を活用し、展示ブースにディスプレイされた限定モデルのシューズに公式アプリのAR機能を通じてスマホカメラをかざすと、ランナーの方々を応援する応援動画が流れる仕組みを開発した。

 リアルイベントをより盛り上げるためには、すぐにその場で詳細な商品情報にアクセスできるwebとの連動が欠かせない。これまでwebの役割は商品紹介が主だったが、様々な機能開発が進み、いかにスペシャルな体験を提供し、顧客の印象に残るかが鍵となってきている。多くのブースが立ち並ぶリアルイベントにおいて、より多くの人に足を止めてもらうためには、今後こうしたオムニチャネルの施策を行うメーカーが増えることが予想される。「AR機能」などリアルイベントで活用できる機能を搭載した開発サービスの需要は、ますます高まりそうだ。

カテゴリーごとに学ぶ