CtoC

2019/03/16

メルカリで売れた商品を郵便局内で無料で梱包できる「つつメルすぽっと」の実証実験開始

メルカリで売れた商品を郵便局内で無料で梱包できる「つつメルすぽっと」の実証実験開始

 株式会社メルカリは15日、日本郵便株式会社と連携して首都圏5ヶ所の郵便局内に無償で使える梱包資材を用意、メルカリで売れた商品をそのまま郵便局に持っていくだけでその場で梱包・発送ができる無料梱包コーナー「つつメルすぽっと」の実証実験を開始したと発表した。
 利用するには出品する際の配送方法に「ゆうゆうメルカリ便」を選択、「つつメルすぽっと」が設置されている首都圏5ヶ所の郵便局(立川郵便局、光が丘郵便局、八千代郵便局、国立郵便局、美浜郵便局)に売れた商品を持ち込み、無料梱包コーナーに設置された適切な梱包資材で商品を包んだ上、「ゆうプリタッチ」で出力した伝票を貼って発送するだけ。
 実際に体験したメルカリサロン(メルカリのノウハウを共有・発信するコミュニティ)のメンバーからは、「平均で1件あたり150円の梱包費がかかるので、無料で梱包できるならこれからは郵便局を使いたい」「試験に留まらず、本格的に運用してほしい」と言った声があがったという。
 尚、現在展開中の「つつメルすぽっと」は各郵便局の梱包資材がなくなり次第終了となるそうで、今後、今回の実証実験を踏まえ展開地域の拡大も検討しているとのこと。

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ