マーケティング

2019/01/29

ストリームが運営するAmazonマーケットプレイス内『ECカレント』において「スポンサープロダクト広告運用代行/セラーコンサルティングサービス」導入により化粧品の広告インプレッションが10倍に向上

ストリームが運営するAmazonマーケットプレイス内『ECカレント』において「スポンサープロダクト広告運用代行/セラーコンサルティングサービス」導入により化粧品の広告インプレッションが10倍に向上

 株式会社ストリームは、同社が運営しているAmazonマーケットプレイス内のインターネット通販サイト『ECカレント』において、株式会社いつも.の「Amazonスポンサープロダクト広告運用代行サービス」、「Amazonセラーコンサルティングサービス」を導入した。また、いつも.社のサイトに同社導入事例が紹介された。

 Amazonマーケットプレイスの『ECカレント』は、2016年に出店し、2017年に子会社エックスワンの商品をメインに化粧品の取扱いを本格的にスタートした。その後、昨年9月のいつも.社のサービス導入以降、同社のAmazonスポンサープロダクトの運用経験・ノウハウを活用し、ユーザーが最初にサイトを訪問した際、ページをスクロールせずに表示される部分であるファーストビューの商品画像の掲載数を増やして商品紹介コンテンツを充実させ、また商品名や商品説明に適切なキーワードを入れる等の検索対策を実行した結果、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ