最新EC・ネットショップ情報

2019/01/18

オンライン試着のバーチャサイズが、新たに「LOOK@E-SHOP」との連携開始

オンライン試着のバーチャサイズが、新たに「LOOK@E-SHOP」との連携開始

 オンライン試着ソリューションを提供する株式会社Virtusizeは16日、株式会社ルックの運営する「LOOK@E-SHOP」と連携し、同サイトで販売される商品のフィット感を知ることができるサービスの提供を開始したと発表した。

国内トップシェアのオンライン試着サービス

 「バーチャサイズ」とは、アイテム同士をイラストで重ね合わせて比較することでサイズ・フィット感を確認することができる試着ツール。利用者がサイズをよく理解している購入履歴や、採寸したことのある手持ちのアイテムとサイズを比較することで、正確なフィット感と好みのサイズの商品を選択することができるようになる。国内においてはユナイテッドアローズやルミネ、マルイ、SHOPLIST、BUYMA、マガシークなどのクライアントを抱え、オンライン試着サービスでトップシェアを誇るマーケットリーダーの地位を築いている。
 「LOOK@E-SHOP」にて「バーチャサイズ」の機能を利用するには、商品詳細ページに設置されている「お持ちのアイテムとサイズを比較」ボタンをクリックするとオンライン試着室が立ち上がり、見ているアイテムの画像とイラストが表示される。次に比較するアイテムを購入履歴から選ぶ方法と、既に持っているアイテムをメジャーで測る方法の2通りがあり、Virtusizeを導入しているストアでの購入履歴がある場合、クリックひとつですぐに比較することができる。まだ購入履歴のない顧客はVirtusizeの使い方が案内されるので、「早速始める」ボタンから入力ガイドに従ってサイズを測り、入力する。入力が完了すると、購入を検討しているアイテムと既に持っているアイテムが重なって表示され、何%マッチしているかなども含めて表示されるため、好みのサイズかどうか確認し納得した上で購入することができる仕組みだ。

採寸でファッションECの課題を攻略

 ZOZOTOWNの「ZOZOSUIT」に代表されるように、ファッションECではいかに利用者にピッタリで好みに合った着心地の商品を購入してもらえるかが、リピートされるECサイトとなるかどうかの鍵となってくる。
 「ZOZOSUIT」の計測にはアプリのダウンロードと写真撮影が必要となるため、一定の手間と時間が必要となる。また「バーチャサイズ」においても初めて利用する際には手持ちのアイテムを計測する必要があるということで、やはり手間が課題となりそうだ。今後、より簡単に採寸できるシステムが競って開発されそうな予感がする。

カテゴリーごとに学ぶ