資金調達

2019/01/15

面接なしですぐ働けるワークシェアサービス「タイミー」が藤田ファンドなどから総額3億円の資金を調達

面接なしですぐ働けるワークシェアサービス「タイミー」が藤田ファンドなどから総額3億円の資金を調達

 応募や面接の必要がなく、すぐに働くことができる日本初のワークシェアサービス「タイミー」を展開する株式会社タイミーは10日、株式会社サイバーエージェント、エン・ジャパン株式会社、株式会社オリエントコーポレーション、株式会社セブン銀行などから総額3億円の資金調達を行ったことを発表した。

アプリひとつですぐ働ける

 「タイミー」とは、アプリをダウンロードするだけで面接などを経ることなくすぐに働き、お金を得ることができるアプリで、人手不足で困っている都内の飲食店を中心にリリースから5ヶ月あまりで400店を超える店舗が導入を決めている。また、広告費を一切かけていないにも関わらず、ワーカー(働き手)が利用するアプリのダウンロード数も右肩上がりが続き、3.5万ダウンロードに達した。登録しているタイミーワーカーは30,000人にのぼり、実際に働いたワーカーも2,500人に達している。今後、大学生など若い世代の“必要な時に必要な分だけ働きたい”というニーズと少しでも労働力を確保したい企業の架け橋となることが期待されており、既存の新卒向けのサービスやアルバイト情報サービスなどとのシナジー効果も狙い、多くの企業が出資を決めている。以下、出資した企業によるコメント。

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ