ECパッケージシステム

2019/01/06

ECプラットフォーム「aishipR」「Search Console API」との自動連携に対応

ECプラットフォーム「aishipR」「Search Console API」との自動連携に対応

 株式会社ロックウェーブが提供する、レスポンシブECサイト構築ASP「aishipR(アイシップアール) 」が、Googleが提供する「Search Console API」とECプラットフォームで初の連携を実施した。 本連携でaishipRで自社ECサイトを運営するEC事業者は、ECシステムの管理画面からSearch Consoleの操作をSearch Consoleを開くことなく実施できるようになる。


 連携による効果

①Search Console導入の簡易化

 aishipR管理画面上で必要な情報を設定することで、Search Console導入が簡易になる。

②サイトマップの送信の簡易化

 新しいコンテンツを制作する際、通常Search Console上でサイトマップの送信が必要となるが、aishipR管理画面上でのサイトマップ送信が可能となる。

 ③サイト分析の効率化

 すでに連携しているアナリティクスと並行して利用することでサイトアクセス前とアクセス後の分析をaishipR管理画面で一括で行うことが可能となる。多数の管理画面を利用する必要がないためサイト分析の効率があがる。

レスポンシブECサイト構築ASP「aishipR(アイシップアール)」とは

 aishipRは、「スマホで売れる」がコンセプトのクラウド型ECプラットフォーム。レスポンシブ特化でスマホファーストのEC運用を可能にするCMS、ストレスなく購入完了する決済ステップ「ワンページカート」を搭載している。
 

カテゴリーごとに学ぶ