物流・在庫管理

2018/12/07

在庫管理ソフト「ロジクラ」に発注点アラート機能が追加

在庫管理ソフト「ロジクラ」に発注点アラート機能が追加

 株式会社ニューレボ は、クラウド在庫管理ソフト「ロジクラ」において、発注担当者向けに「発注点アラート機能」の提供を開始することを発表した。(https://logikura.jp/?utm_source=prtimes)
 
 発注点アラート機能とは、 設定方法は非常に簡単で、取扱商品に発注点のマスタデータを設定するだけで、商品の在庫数量が発注点以下になったらアラートを通知する機能となっている。従来のような発注点の算出工程が削減できるのはもちろんのこと、発注点アラート商品の一覧リストを表示&エクスポートする事で、そのまま発注データとして利用する事が可能となる。

 また、「発注点アラート機能」で発注数量決定プロセスの行程を大幅に削減できるという。従来の発注数量決定プロセスにおいては、在庫台帳に管理した在庫数量に、日々変動する「入荷データ」と「出荷データ」の2つの変動データを調整し、最新の在庫数量を算出するという前行程が必要だった。「ロジクラ」は現場ベースの入出荷履歴との連携により、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ