決済

2017/07/10

ベリトランス、リンク決済サービスをリニューアルし、「VeriTrans4G POP」としてEC事業者向けに提供開始

ベリトランス、リンク決済サービスをリニューアルし、「VeriTrans4G POP」としてEC事業者向けに提供開始

 株式会社デジタルガレージの子会社で、決済事業を手がけるベリトランス株式会社は、総合決済ソリューション「VeriTrans4G」に、リンク決済サービス「VeriTrans4G POP(ベリトランスフォージー ポップ)」を追加し、EC事業者向けに提供を開始した。

「VeriTrans4G POP」概要

 「VeriTrans4G POP」は、ベリトランスが提供する決済画面が、EC事業者のWebサイト上にポップアップ表示されるリンク決済サービスだ。「リンク決済」は、クレジット取引セキュリティ対策協議会が発表した「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」でEC事業者に対して「カード情報の漏えい対策」として要請している「クレジットカード情報の非保持非通過化」を実現する手法の一種となっている。

 従来ベリトランスが提供してきたリンク決済サービス、または決済代行事業者が提供する一般的なリンク決済サービスは、消費者がPSPの提供する決済画面に遷移して支払いを行う。そのため、クレジットカード情報がEC事業者のサーバを含む機器・ネットワークに介在しない、セキュア決済処理が可能になる反面、PSPのドメインによる汎用版の決済画面に遷移することに違和感を感じた消費者が支払いを中止してしまうことが課題となっていた。

 「VeriTrans4G POP」は、EC事業者のWebページをベリトランスの決済画面が覆う形式でポップアップ表示する仕様のため、消費者が違和感や不信感を抱きにくいことから、スムーズに決済を完了させることが可能となる。

 「VeriTrans4G POP」の特長のひとつとして、ECサイト上への決済画面のポップアップ表示によりユーザー離脱を防止がある。その他にもスマートフォン、タブレットなど、マルチデバイス対応したインターフェース、クレジットカード情報の非保持化を実現、カード決済に加え、ECで利用率の高いコンビニ決済も提供、システム開発のコストや工数を削減する接続方式など様々な特長を兼ね備えている。

カテゴリーごとに学ぶ