物流・在庫管理

2016/12/29

舟納豆、再配達ゼロアプリ「ウケトル」のショップ連携

舟納豆、再配達ゼロアプリ「ウケトル」のショップ連携

 株式会社ウケトルは、丸真食品株式会社が運営する舟納豆(ふななっとう)オンラインショッピングサイトが、再配達問題を解決するアプリ「ウケトル」でショップ連携を開始した。

 舟納豆は、賞味期限が短い日配品の納豆をオンラインで販売しており、品質の高いうちに届けたいというニーズに、ウケトルの「ワンクリック再配達依頼」機能や「すぐそこ通知」機能を提供することで対応することができるようになった。
 また、「荷物の自動追跡」により、荷物の場所が可視化されることで、受取がスムーズになり、おいしい納豆を新鮮な状態で食卓に並べることが可能となった。

 さらには、「商品の再購入」機能により、スマホから簡単に再注文ができるようになり、リピート顧客の増加が見込まれている。

 なお、CSRの一環として、ウケトルアプリを推進することで、物流や人的労力の軽減や CO2 の削減など社会的な問題の改善にも取り組んでいる。

購入者とショップのメリット

 まず購入者のメリットの1つは商品の場所を常にウケトルで調べられることができ、メール検索などのストレスを解消することができる点だ。その他にも、自宅に不在票が入っても、会社や電車の中でも「ワンクリック再配達依頼」ができる点や、「荷物の自動追跡」「すぐそこ通知」で、すぐに欲しい荷物を確実に受け取ることができる点などがある。また、「再購入機能」により、また買いたい商品、定期購入している商品を買えるなど、多くのメリットがある。

 そしてショップ側のメリットの1つは、購入者が1回目で荷物を受け取る確率を上げ、商品品質とサービスレベルを上げる点にある。その他、再配達日を1日でも早くして、商品品質とサービスレベルを上げることができる点や、再購入機能で、自社への固定客化を図り、売上を向上できる点などがあげられる。ショップ側のメリットが、なによりも利用者への利便性やサービスを向上できる点に繫がっており、ウケトルとの連携により多くのメリットをもたらしている。

「きちんと利益が出る! ネットショップ改善手法」を会員限定無料プレゼント!

この電子ブックでは、ECサポーター運営会社が、ネットショップを10年間運営してきた中で試した数百の施策のうち、特に効果のあったものを厳選してご紹介します。

  • 客単価を1.3倍にするシンプルな手法
  • 売れるバイヤーを採用するには?
  • 他ショップの“ここ”を月1回ウォッチする

無料資料ダウンロード&会員登録はこちら

お名前
会社組織名
メールアドレス

個人情報の取扱いについて

カテゴリーごとに学ぶ

メルマガ登録Free

業界動向や最新情報をお届けします
ご登録はこちらから!