2009/02/26

インデックス、TVショッピング大手の子会社「東京テレビランド」を売却

モバイルとエンターテイメントビジネスを行なう株式会社インデックス・ホールディングス(ジャスダック)は、TVショッピング事業を行なう子会社、株式会社東京テレビランドの全株式を譲渡をすると発表。

京テレビランドは、協賛型TVショッピング事業として、「痛快!買い物ランド」を地上波でスタートし、平成6年にネット通販を開始し、その後新聞・カタログなど様々なメディアを利用した通販事業を行なってきた。
インデックスグループ傘下に入ったのは、平成15年11月。

東京テレビランドは平成20年8月期の業績が、売上50億円、営業利益は2400万円の赤字であり、減収・赤字転落となっていた。


インデックス社は、現在グループ会社の選択と集中に基づく戦略の一環として、モバイル&ソリューション事業及びエンターテイメント事業への経営集中を行なっており、今回の譲渡もそれの一環。

譲渡先は、中堅中小企業向け総合金融事業を行なうNISグループ株式会社(東証1部)の子会社であるNISインキュベーション・ファンド1号投資事業組合。

また、インデックス社は同時に、データセンターインフラ事業を行なう株式会社テック・インデックスの全株式を、同じくNISインキュベーション・ファンド1号投資事業組合に譲渡している。

カテゴリーごとに学ぶ