決済

2020/08/29

業界最大級の越境ECサポートサービス「Buyee」が中国ユーザー向けの決済を拡充し、国内初、インターネットオークションでもAlipay決済を利用可能に

業界最大級の越境ECサポートサービス「Buyee」が中国ユーザー向けの決済を拡充し、国内初、インターネットオークションでもAlipay決済を利用可能に

 BEENOS株式会社の連結子会社で、tenso株式会社が運営する、越境ECをサポートする代理購入サービス「Buyee(バイイー) 」では、2020年8月より中国ユーザー向けの決済を拡充し、中国国内でモバイル決済金額シェア最大級のアプリ「Alipay(支付宝/アリペイ)」でのオンライン決済機能がオークションでも利用可能となった。
 中国ではモバイル決済が普及しており、Alipay は中国本土で9億人以上、グローバルパートナーを合わせたアクティブユーザー数は約13億人以上にも上るなど圧倒的なシェアを誇っている。
 日本の越境ECサポートサービスでオークションの決済にAlipayを使用できるのはBuyeeが初となる。(※2020年8月27日現在:同社調べ)これにより、Buyeeは中国ユーザーの利用拡大を図る。

 Buyeeはサービスの認知拡大により中国からのユーザー数が年々増加しているが、これまでオークションの商品については、Alipay決済の機能を提供することができていなかった。最終的な価格とそれが決まる時間帯が明確ではないオークション商品については、落札のタイミングで自動的に引落とす決済方法が提供できなかったためだ。
 今回Buyeeは中国からのオークション商品のニーズの増加に伴い、独自の後払い機能を導入し、Alipayのオンライン決済を可能とする機能を開発・実装。商品落札後にユーザーに対して後払いでの請求を行う仕組みであるため未払いのリスクは発生するが、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ