越境EC

2020/08/15

業界初、リユース販売特化型EC一括管理システム「WORLD SWITCH」が台湾・東南アジア最大級のECモール「Shopee」とシステム連携

業界初、リユース販売特化型EC一括管理システム「WORLD SWITCH」が台湾・東南アジア最大級のECモール「Shopee」とシステム連携

 株式会社ワサビが自社開発したリユース販売特化型EC一括管理システム「WORLD SWITCH」は、業界初となる台湾・東南アジアで最大級のECモール「Shopee」とシステム連携を開始する。システムのリリースは8月より順次開始する。
 
 これまで越境ECと言えば欧米や中国を中心とした市場をターゲットとして考えられていた。しかし、近年、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムなど東南アジアの6カ国のインターネット経済規模が2025年に2400億ドルを超える見込みを予測し、越境ECの新たな市場として注目され始めている。 (出典:Temasek e-Conomy SEA 2018: Southeast Asia's internet economy hits an inflection point)

 ShopeeはSeaグループが2015年にシンガポールで最初に立ち上げた電子商取引プラットフォームで、マレーシア、タイ、台湾、インドネシア、ベトナム、フィリピン、ブラジル、台湾へと事業を拡大し、2018年度には総流通取引額1.12兆円とする東南アジア最大のネットモールとなった。 2019年時点で2億ダウンロードを記録、1日あたり平均140万件以上の注文数を誇り、更なる成長を求め越境ECの新しい商品を得るため2018年より韓国、台湾、香港、日本でのセラー獲得へ本格始動した。

 それに伴い、株式会社ワサビはリユース販売特化型EC一括管理システム「WORLD SWITCH」とShopeeとの連携を開始し、業界初の提携として相互の市場進出を図るという。 WORLD SWITCHは一括出品・受注、買取管理・在庫連携を備えた、簡単に複数モール管理ができる中古品業者特化型ECショップ一元管理システムで、各作業での

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ