その他

2020/08/15

WACUL、「B2Bサービスサイト・ECにおけるユーザー行動調査」を実施、ユーザー行動のデータ分析にもとづき、提言を発表

WACUL、「B2Bサービスサイト・ECにおけるユーザー行動調査」を実施、ユーザー行動のデータ分析にもとづき、提言を発表

 マーケティングのデータ分析と改善提案、効果測定といったPDCAを自動化する「AIアナリスト」など、セールス&マーケティングのDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACULは、社内研究所である「WACUL テクノロジー&マーケティングラボ」を通じて、同社の保有するデータをもとに、B2BのサービスサイトやECにおけるユーザーの行動分析を行い、売上高向上につながる提言のまとめを発表した。

同調査の提言

 Webサイトにおいて、ユーザーは実に自由に行動する。ユーザーが興味のない情報に振れ、そこから離れるのは一瞬だ。そういった事実を理解せずに、「こう行動してくれるのではないか」といったみずからの期待をベースにWebサイトを作ってしまうと、CVへとつながる貴重なチャンスを逃してしまう可能性が非常に高い。

 調査の結果、B2Bサービスの場合、Webサイトは営業担当を呼ぶ仲介役ともいえる。サービスに何らかの興味関心をもって訪問したユーザーに、気持ちよく問い合わせなどのコンバージョンポイントへ直行してもらうために、ファーストビューにコンバージョン・ボタンやフォーム自体を露出させるといった工夫が重要であることがわかった。
 また、ECの場合には、ユーザーが興味をもってくれそうな商品はどんどん提案し、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ