最新EC・ネットショップ情報

2020/02/28

アスクル、「飲料定期配送サービス」の提供開始

アスクル、「飲料定期配送サービス」の提供開始

 アスクル株式会社は21日、飲料8品目・80商品を顧客が設定した数量・サイクルで自動配送できる「飲料定期配送サービス」を開始すると発表した。これは、ビジネスの現場でおもてなし、福利厚生、備蓄等で常備されているボトル飲料やコーヒーなどを定期的に配送し、顧客の発注の手間削減や買い忘れによる在庫切れリスクの低減をサポートするもの。また、本サービスを通じて購入すると、通常価格よりもお得に購入できるため、経費削減にもつながるという。

在庫管理の負担を軽減

 接客シーンや福利厚生の一環として常備していることの多い飲料だが、アスクルでは以前から「使用量が把握しづらく在庫管理が大変」「いつも同じ飲料を購入するので、都度注文するのが手間」という声が多く挙がっており、こうした悩みを解消すべく、注文にかかる時間や手間を削減し在庫切れリスクを低減する「飲料定期配送サービス」を開始するに至ったという。
 お届けサイクルは1週間毎(曜日指定)、2週間毎(曜日指定)、3週間毎(曜日指定)、4週間毎(曜日指定)、1ヶ月毎(日付指定)、2ヶ月毎(日付指定)の6種類から選択可能で、企業の規模や消費サイクルによってかなりフレキシブルに選択できるのが魅力だ。ラインナップもボトル飲料18商品やウォーターサーバー水2商品、カフェキューブ3商品、コーヒー6商品、ジュース4商品など幅広く、例えばサントリー 伊右衛門2L1箱(9本入)の場合、通常価格から76円(税抜)、12ヶ月なら912円(税抜)お得に購入できる。企業の担当者だけでなく、一般家庭においても重い飲料などは宅配で注文するケースも多く、新たな選択肢の一つとして期待されそうだ。

カテゴリーごとに学ぶ