CVR改善

2020/02/14

モバイル動画から会員登録や購入などにシームレスにつなげる新サービス「Kaizen VX for LPO」の提供開始

モバイル動画から会員登録や購入などにシームレスにつなげる新サービス「Kaizen VX for LPO」の提供開始

 株式会社Kaizen Platformは7日、モバイル環境に特化して縦型動画上で会員登録や商品購入などのアクションを促し、シームレスなユーザー体験に繋げることのできる新サービス「Kaizen VX for LPO」の提供を開始すると発表した。

5G商用化で動画活用は次のステージへ

 昨今、Instagramなどのモバイルに最適化されたソーシャルメディアが普及することで、縦型動画を視聴することは一般的なものとなってきている。また、アメリカや中国を中心に動画からシームレスに購入に繋げるソーシャルコマースという新しい体験も普及してきており、その技術は日々進化している。さらに、国内の5Gの商用化によりモバイルのトラフィックが増加することが期待されており、今後ますますユーザーの視聴態度やニーズに合わせて最適化された動画の活用が求められることとなる。
 こうした中でKaizen Platformでは、2019年5月にサイト上にタグを1行追加するだけで多様な動画体験を可能とする「KAIZEN TEAM for VX(Video Experience)」をリリース。動画を活用したユーザー体験の改善に取り組んできた。今回新たにリリースされた「Kaizen VX for LPO」では、サイト来訪者が動画を視聴している間の一番モチベーションが高い状態でアクションを促すことで、より高い効果を期待するもの。さらに導入企業は再生数や視聴完了率といった限定されたデータに加えてクリック数などユーザーの直接的な行動に関するデータも取得することができ、より効果的な分析・改善が可能となる。

実証実験で具体的成果も

アンカー・ジャパン株式会社の例

 2019/12/6(金)~2019/12/9(月)のAmazonサイバーマンデー期間中に行った実証実験では、オリジナル(従来の静止画とテキストによる商品訴求)と比較して、Amazonの商品ページへの遷移率が69%向上するという結果に。
ーアンカー・ジャパン株式会社 執行役員 / 事業戦略本部 統括 猿渡 歩氏 コメント
 Amazonでの購入を促進するにあたり、WebサイトからAmazonの商品ページへの送客効果を高めることは重要なポイントです。そのために、単に動画で商品の訴求力を高めるだけではなく、お客様がいかにストレスなく買い物ができるか、その体験まで踏み込んで改善できないかと考えていました。「Kaizen VX for LPO」は、サイトの改修も必要なく、タグを設置するだけで、動画で商品訴求をしながらそのままアクションを促すことができ、その高い効果に大変満足しています。

オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」の例

 オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」のランディングページで行った実証実験では、オリジナルページと比較して有料会員の入会率が約8~10%向上する結果に。この取り組みは、2020年1月23日に放映されたAbemaTV「株式会社ニシノコンサル」でも紹介された。
ー『改善のプロ』の仕事がヤバすぎた話 by キンコン西野 - 西野亮廣ブログ( https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12569394059.html

カテゴリーごとに学ぶ