その他

2019/12/24

株式会社ルグラン、気象データと大手アパレルECの売上データを分析、気象データが消費者の行動に与えるインパクトについて発表

株式会社ルグラン、気象データと大手アパレルECの売上データを分析、気象データが消費者の行動に与えるインパクトについて発表

 デジタルマーケティングのコンサルティング会社、株式会社ルグランは、気象ビッグデータを分析し、天気や気温の変化に合わせてユーザーの好みに合ったコーディネートを提案するファッションテックサービス『TNQL(テンキュール)』を提供している。

 今般、ルグランとアパレルEC事業を展開するマガシーク株式会社は、共同で気温や天気の変化がECサイトの売上や販売アイテムに与える影響について検証を行った。具体的には、マガシークの過去数年分の売上データについて、それぞれの購入日における購入者の所在地の天気や気温のデータなどをクロス分析。購入日の気温や天気、前日との気温差などの気象条件と、アイテムや色別の売上高・販売数量などの関係について、分析作業を進めた。その結果、ECサイトを利用する消費者も天気や気温の変化に応じて行動を起こすという示唆を得ることができたという。

 アパレルECにおいては、購入してもすぐに商品が手元に届かないため、当日や翌日の天気や気温に対して商品をリコメンドしたところで売上に繋がりにくいと考える企業が多いのが現状だ。ところが、今回の分析結果では、そうした仮説とは異なる結果が得られ、「前日との気温差3度」が消費者に態度変容を起こさせるきっかけとなるという、興味深い結果も導き出すことができた。これにより、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ