広告運用代行

2019/10/22

広告自動運用ツール「AdSIST」を手がける株式会社これからが総額1.8億円の資金調達を実施

広告自動運用ツール「AdSIST」を手がける株式会社これからが総額1.8億円の資金調達を実施

 広告自動運用ツール「AdSIST」を手がける株式会社これからは、みずほキャピタル株式会社を中心とした第三者割当増資及び株式会社みずほ銀行からの融資により総額1.8億円の資金調達を実施したと発表した。これによりAdSISTの開発、マーケティング、人材採用の強化などを行っていきたいとしている。

広告自動運用ツール「AdSIST」

 「AdSIST」は、「FacebookやInstagramなどに今すぐ広告が出せる」がウリのSaaS型サービスで、自社ECコンサルティングに特化してきた経験を生かし、そのノウハウを結集して開発された広告自動運用ツールだ。初めてでも設定がとても簡単で「AdSIST」からの質問に回答するだけで配信戦略と配信戦術の設定が完了、あとは全て「AdSIST」が最適運用してくれる。また、1日500円からの低コストで運用できるのも魅力の一つだ。
 現在日本国内には160万ショップ以上の自社ネットショップがあると言われているが、その約95%は売上が月商100万円未満という状況で、その原因として挙げられているのが運営ノウハウや人材・資金面でのリソースがない、ということだ。株式会社これからでは「自社EC全体を底上げする」という会社ビジョンの下、これらの課題に対して「AdSIST」を通じて真摯に向き合っていきたいとしており、新たな一手に期待が高まりそうだ。

カテゴリーごとに学ぶ