決済

2019/09/28

EC自動出荷サービス「ロジレス」と、クレジットカード不要の後払い決済「NP後払い」が、API(完全自動登録)連携を本格的に開始

EC自動出荷サービス「ロジレス」と、クレジットカード不要の後払い決済「NP後払い」が、API(完全自動登録)連携を本格的に開始

 「あるべき姿に変えていく」をミッションに掲げる株式会社ロジレスが提供する「ロジレス」は、新しい信用を創造するCredit Tech(クレジットテック)のパイオニア、株式会社ネットプロテクションズと、コンビニ後払い決済サービス「NP後払い」において、「NPコネクトプロ」のAPI(完全自動登録)連携を、本格的に運用を開始した。

 「ロジレス」は、業界において珍しい受注管理システム(OMS)と倉庫管理システム(WMS)が一体型になったシステムの提供と、そのシステムが利用可能な物流倉庫とのマッチングを行うことで、ネットショップの「自動出荷」を実現しいてる。

 今回の「NPコネクトプロ」連携により、「NP後払い」利用によって発生する受注処理も自動化され、「ロジレス」を利用するEC事業者は受注から出荷までをよりスムーズに行うことが可能となる。

「ロジレス」と「NPコネクトプロ」(API)連携の背景・効果

 今回の「NPコネクトプロ」連携は、「ロジレス」を利用しているEC事業者側からの「NP後払い」との連携の手間を削減したいという要望に応えたものだ。これまでも、「ロジレス」では「NP後払い」とのCSV連携に対応していたが、EC事業者は「NP後払い」での受注の際は必要な運用業務を手作業で行っており、運用に負荷が発生していた。

 今回連携を行った「NPコネクトプロ」は、「NP後払い」を利用する際に発生する作業(取引情報の登録、与信結果の取得、配信伝票番号の登録)を自動化する。これによって、「ロジレス」を利用するEC事業者のさらなる運用負荷の軽減を実現し、EC事業者は「ロジレス」「NP後払い」をより便利に活用うることが可能となる。

 通常「NPコネクトプロ」と連携するためには、EC事業者は初期導入費20万円(税抜)及び月額運用費2万円(税抜)を負担する必要があるが、今回の自動連携により、「ロジレス」を利用しているEC事業者は「NPコネクトプロ」を無料で利用できるという。
 

「NP後払いwiz」にも対応

 今回「ロジレス」は「NP後払いwiz」にも対応を開始した。「NP後払いwiz」とは、請求書を商品に同梱できるオプションサービスだ。「ロジレス」を利用するEC事業者の利便性とそのEC事業者の顧客体験がさらに向上することから、今回「NP後払いwiz」にも対応開始に至ったという。これにより、EC事業者にとって、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ