決済

2019/09/25

SBペイメントサービス、「Salesforce B2C Commerce」対応の決済カートリッジを2019年秋に提供開始

SBペイメントサービス、「Salesforce B2C Commerce」対応の決済カートリッジを2019年秋に提供開始

 ソフトバンク株式会社の子会社であるSBペイメントサービス株式会社(以下、「SBPS」)はセールスフォース・ドットコムが提供するSalesforceプラットフォームのコマース機能「Salesforce B2C Commerce」に対応した決済カートリッジを2019年秋以降に提供開始すると発表した。
 これにより「Salesforce B2C Commerce」を利用する事業者は、SBPSの決済カートリッジを導入することでSBPSが提供する7種類の決済手段をまとめて利用できるようになる上、クレジットカード情報の非保持化や定期購入のための継続課金にも対応可能となる。

SBPS決済カートリッジの3つの特徴

1、不正検知・保証サービスやマーケティング支援

SBPSの決済カートリッジを導入した事業者は、SBPSが無償で提供する不正検知・保証サービスを利用できるようになる他、集客支援に繋がるマーケティング支援プランを利用できるようになるため、ECサイトでの不正利用の軽減やビジネスチャンスの創出にも繋がる。

2、クレジットカード情報の非保持化

 ECサイトに加えてコールセンターでの注文を受け付けている事業者は「永久トークン非保持化サービス」を活用することでクレジットカード情報の非保持化にも対応できる。

3、定期購入の継続課金にも対応

 クレジットカード決済とキャリア決済は、定期購入のための継続課金にも対応しているため、幅広い業種やサービスにおいて導入が可能となっている。

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ