CtoC

2019/09/24

ハンドメイド業界に特化したオンラインコミュニティプラットフォーム「FINTIST」がオープンーインフルエンサーとファンを繋ぐ新しい形

ハンドメイド業界に特化したオンラインコミュニティプラットフォーム「FINTIST」がオープンーインフルエンサーとファンを繋ぐ新しい形

 株式会社FANTISTは20日、ハンドメイド業界に特化した新サービスとして、アーティストとファンの関係性を可視化し、コミュニティを形成するオンラインプラットフォーム「FANTIST」を9月16日(月)にオープンしたと発表した。
 「FINTIST」とは、厳選されたトップアーティストのみが所属し、熱量の高いファンの方とのクローズドなコミュニティを育成するオンラインプラットフォームで、現在所属アーティストはアクセサリー作家26名、イラストレーター4名、フローリスト3名の合計33名。いずれもインスタグラムのフォロワーが1~10万人のマイクロインフルエンサーと呼ばれるアーティストたちだ。登録アーティストは厳正なる基準に基づいた完全スカウト制となっており、年内に新たなジャンルを含めて60名の参加を予定しているとのこと。

コミュニティプラットフォーム「FANTIST」

 「FANTIST」では、国内のみならず世界125カ国でのECに対応しており、海外のクレジットカードでの支払いも可能なため、これまでハンドメイド作品の購入を諦めていた海外在住の方も買い物を楽しむことができる。また、煩わしい発送作業は運営側が代行するため、アーティストは制作に集中して取り組むことができる。
 他にもファンコミュニティの会員は作品を優先的に購入できたり、作品制作の工程を見られるライブレッスン、アーティストとのオフ会、会員限定アイテムの発売などアーティストごとに魅力的な特典が用意されていて、アーティストにとって従来の労働集約型ビジネスモデルから活動を資産に変えていく資本集約型へとシフトすることができるというメリットもある。
 さらに他社との連携を通じて所属アーティストのブランディングやPRの支援活動も強化、雑誌やWEBメディアといった媒体への露出やワークショップの開催などを通じて、より効果的な販促を行うことができる。

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ