最新EC・ネットショップ情報

2019/09/18

食のプラットフォームOWNERSが「ukka」に名称変更し、大幅リニューアル

食のプラットフォームOWNERSが「ukka」に名称変更し、大幅リニューアル

 「とっておきの、オーナーになろう」をコンセプトに、予約注文型食品ECを手がけてきた「OWNERS」は13日、サービス名称を「ukka」に変更し、合わせてサービス内容を大幅リニューアルしたと発表した。

100年後も続く食のあり方を考える

 「ukka(ウッカ)」の由来は日本の古語「ウカ」であり、穀物・食物という意味がある。さらに昆虫が幼虫やさなぎから成虫になる「羽化」という2つの意味が込めらており、「食のあり方を考え直すきっかけにしたい」「既存の流通ラインにとらわれず、生産者の生み出す価値が正当に評価される仕組みを作りたい」「いち消費者から当事者へ消費行動に変化をもたらしたい」そうした願いが込められている。

4つの購入方法を選べるように

 今回のリニューアルにより大きく変わった点は4つの購入方法から、希望の購入方法を選択できるようになった点だ。
・欲しい商品をいつでも購入できる「都度購入」
・収穫や生産前から事前に予約注文ができる「予約注文」
・気に入った食材が定期的に届く「定期購入(サブスクリプション)」
・生産者の年間会員として収穫など特別な体験ができる「Farm Membership」
 これまでの予約注文のみだと、商品が届くまでのタイムラグがあり、せっかくの新規顧客をリピーターとして育てにくいというデメリットがある。「定期購入」や「Farm Membership」などの仕組みを通して年間を通じて利用者と接点を持つことで、ユーザーを定着させていく狙いがある。また「都度購入」という選択肢も設けることで、新規顧客により気軽に始めてもらえる効果も期待できそうだ。

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ