越境EC

2019/09/15

越境ECソリューション「WorldShopping BIZ」と 株式会社ロコンドのブランド向け自社EC支援事業「L’OCORE EC」が越境ECワンストップサービスの提供を開始

越境ECソリューション「WorldShopping BIZ」と 株式会社ロコンドのブランド向け自社EC支援事業「L’OCORE EC」が越境ECワンストップサービスの提供を開始

 越境EC支援ソリューション「WorldShopping BIZ」を提供する株式会社ジグザグは、靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」を運営する株式会社ロコンドのブランド向けプラットフォーム事業の1つである、自社ECサイトの開発・運営サービス「L’OCORE EC(自社EC運営)」において業務提携をし、国内ECサイトの海外対応における多言語入力フォーム、決済、海外配送の課題を一挙に解決する越境ECワンストップサービスの提供を開始する。

 ロコンドは、これまで「LOCONDO.jp」などのユーザー向けEC事業に加え、ブランド向けのプラットフォーム事業として、自社 ECサイトの開発・ 運営(L’OCORE EC(自社EC運営))、店舗配送受託(L’OCORE ロジスティクス)、店舗欠品フォロー(L’OCORE CHOC)、店舗在庫のリアルタイム販売機能(L’OCORE POS)等を展開しており、ブランドの公式通販サイトの運営を支援する事業者数は増加傾向にある。

 ブランドの自社ECサイトには、海外からのアクセスも一定数あるものの、対応言語や決済方法が限られているため、一部の海外ユーザーからの購買機会を逃している状況にあった。海外対応をするにあたり、ECサイト上での多言語対応や複数の海外決済対応をはじめ、海外向けカスタマーサポートの設置や海外配送など、システム面だけでなく人的コストやオペレーションコストもかかることから、EC事業者にとって海外対応へのハードルは高いとされている。

 そこで今回、最短1日で125カ国向け越境EC対応を実現するジグザグの「WorldShopping BIZ チェックアウト」とロコンドの自社EC支援事業「L’OCORE EC(自社EC運営)」が連携することで、ECサイトの言語・決済・物流面での海外対応をワンストップで行える越境ECサービスを提供し、人的コストやオペレーション課題を包括的に解決していく。

 同連携により、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ