物流・在庫管理

2019/08/19

村田機械株式会社、Alert Innovation社(米国)との戦略的パートナーシップの契約を締結

村田機械株式会社、Alert Innovation社(米国)との戦略的パートナーシップの契約を締結

 村田機械株式会社は、米国の物流システムメーカーAlert Innovation社と、戦略的パートナーシップに関する契約を2019年7月に締結した。Alert Innovation社は、ユニークな商品ピッキングソリューション「ALPHABOT®」を開発した米国のスタートアップ企業だ。

 戦略的パートナーシップにより、村田機械は、Alert Innovation社から「ALPHABOT®」システムに関わる技術移転を受け、日本国内において同システムに基づく販売、設計、製造、サービスを独占的に行う権利を取得する。またAlert Innovation社は、物流システムソリューションプロバイダーとして世界的に事業を展開する村田機械の販売、設計、製造、サービスのリソースを、同社の事業拡大に活用することができる。

 Alert Innovation社が開発した「ALPHABOT®」は、保管棚の内部を走行及び昇降するロボット「BOT」が、棚から商品コンテナをピックアップし、そのまま保管棚外部へと走行、コンテナから商品をピッキングするためのステーションまで搬送し、作業者が「BOT」に搭載されたコンテナから商品をピッキングすると、再び保管棚へと走行し、商品コンテナを棚に再格納する。

 近年、特にEコマースに代表される流通業界では、多数の個人客の小口注文に対応するため、商品を豊富な品揃えで高密度に大量保管することと、効率の良いピッキングを両立させることが課題となっている。

 保管、仕分け、ピッキングの全工程をロボットで完結させたシンプルな仕組みの「ALPHABOT®」は、搬送ロボット「BOT」が保管棚の内外を走行でき、すべてのステーションへとアクセスできること、また保管棚の内部では昇降もできることから、保管するすべての商品から、容易に受注した商品を揃えることができるという。昨今の流通業の課題である商品の受注から引き渡しまでのフルフィルメント業務の効率化に寄与する、画期的なソリューションだ。

 Alert Innovation社では、「ALPHABOT®」を活用した食品スーパーマーケットの仕組み「NOVASTORE™」を開発している。「NOVASTORE™」は、来店者が店頭で買い物している間に、オンラインショッピングを通じて注文した商品を「ALPHABOT®」が迅速かつ自動で品揃えし、退店時に同時に受け取ることができる、リアル店舗とネット販売を融合させた新しい小売の仕組みだ。

 またAlert Innovation社は、2016年8月には米国大手スーパーマーケットチェーンのWalmart社と提携しており、2019年8月現在、すでに2つのWalmart店舗で「ALPHABOT®」の試運転を開始。Alert Innovation社では「ALPHABOT®」をアメリカ全土で事業展開する計画だという。

 今回の戦略的パートナーシップは、こうしたAlert Innovation社の

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ