決済

2019/07/27

ECビジネスに合わせた決済サービスを選択・導入可能に、フューチャーショップとSBペイメントサービスが連携

ECビジネスに合わせた決済サービスを選択・導入可能に、フューチャーショップとSBペイメントサービスが連携

 株式会社フューチャーショップとSBペイメントサービス株式会社は、フューチャーショップが提供するSaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」および「futureshop omni-channel」とSBPSの「オンライン決済サービス」の連携を開始する。SBPS決済サービスの受付を開始し、提供は2019年9月下旬を予定している。今回、新たに国内最大級のオンライン決済代行会社であるSBPSを採用し、決済サービスを追加することにより、「futureshop」を利用する事業者はビジネスに合わせて決済サービスを選択し、導入できるという。

 フューチャーショップは、11万店舗以上の導入実績と年間3兆円規模の決済処理を行うSBPSと連携することにより、「futureshop」を利用する事業者が安心してビジネスを拡大できる環境を支援する。さらに、SBPSの豊富な決済手段を「futureshop」でも利用できるようマルチペイメントに対応する予定だ。

国際ブランドライセンスを取得した信頼性の高い決済サービス

 SBPSは、Visa、Mastercardの国際的なクレジットカードのブランドライセンスを取得し、決済代行に留まらず、クレジットカード会社として信頼性の高い決済サービスを提供している。「futureshop」を利用する事業者は、SBPSとの契約が別途必要 となるが、個別にシステムを開発することなく、SBPSの安心、安全なクレジットカード決済を導入できるという。

「キャッシュレス・消費者還元事業」対象事業者に決済手数料補助とポイント還元の支援が可能

 SBPSは、経済産業省が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店支援事業者として登録しているため、「futureshop」を利用する「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象事業者は、クレジットカードの決済手数料の1/3が補助される。そのため、事業者のキャッシュレス決済導入コストを最小限に抑えることができる。さらに、ECサイトで購入した消費者には5%のポイントが還元され、事業者の集客力向上を支援する。

充実した無償サービス

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ