物流・在庫管理

2019/07/24

ダンボールを使わない配送サービス「オリコン便」が今秋登場

ダンボールを使わない配送サービス「オリコン便」が今秋登場

 ラストワンマイル協同組合は2019年9月より、ダンボール梱包のいらない新たな配送サービス「オリコン便」を開始すると発表した。通販利用が増える中、ダンボールの処理に困るユーザーが増えてきていることが背景にある。このサービスはダンボールの処理を顧客から相談されたドライバーの話をヒントに考案されたもので、「綺麗なダンボールを捨てるのは勿体無い」という意見や、「梱包材を捨てずにすむサービスがあればぜひ利用したい」と話す利用者もいるという。

折りたたみコンテナでコストダウン

 「オリコン便」では、専用の折りたたみコンテナに商品を詰めて、宛名ラベルで封印したものを配送する。商品を顧客が取り出した後は、空いたコンテナを持ち帰り再利用する。ダンボールの削減で環境負荷の軽減につながる他、ダンボールへの封入作業や使い終わったダンボールの処理作業の手間を軽減していく。
 尚、同サービスはラストワンマイル協同組合の定期配送サービス利用者が対象となり、不在がちの利用者には荷物を指定の場所に置く「置配便」にも対応している。さらに荷主には、商品にとって最適な折りたたみコンテナの選定や調達、商品の詰め方といった細かい部分まで、組合員数25社を抱える配送のプロ集団であるラストワンマイル協同組合が相談に乗ってくれるという。必要な配送スタイルを必要な人の所へ、オーダーメイドの配送サービスが徐々に増えてきている。

カテゴリーごとに学ぶ