物流・在庫管理

2019/07/10

EC物流で倉庫の空きスペースを有効活用、物流プラットフォーム「はぴロジ」が倉庫登録を受付開始

EC物流で倉庫の空きスペースを有効活用、物流プラットフォーム「はぴロジ」が倉庫登録を受付開始

 株式会社ブレインウェーブは、分散出荷プラットフォームの更なる拡充に向け、新規の参画倉庫の受付を開始する。

 はぴロジは、全国の倉庫をクラウドシステムでネットワーク化・制御することで、出荷業務の自動化を行う高度な物流プラットフォームだ。プラットフォーム上では、物流業務を委託したい荷主企業と、倉庫スペースを有効活用したい提携物流事業者がマッチングされ、日々多くの物流業務が行われている。

 倉庫との接続により全国をカバーする物流プラットフォームを構築する「はぴロジ」は、社会問題化しているラストワンマイルにおけるリソース不足や物流のボトルネック解消の一策として、複数倉庫からの分散出荷を提唱してきた。昨今の送料高騰によるコスト圧迫や天候災害により、この分散出荷のニーズが急速に高まっており、今後の物流案件の増加へ対応するため、今回新規に、倉庫スペースを有効活用したい物流事業者の登録受付を開始する。倉庫事業者の登録メリットは、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ